JALマイレージ攻略 > マイレージを貯める > 飛行機に乗らずに貯める > クレジットカードの利用法を組み立てる

クレジットカードの利用法を組み立てる

クレジットカードはマイレージプログラムで最も重要な項目です。このカードをどう使いこなすかが、マイルがたまるかどうかの分かれ目といえます。当然航空会社のブランドで発行されるクレジットカード、つまりJALのマイルをためるには「JALカード」が最も有効です。ただ多くの方は、長年の使用実績があるカードをすでに保有していたり、会社の経費には法人カードを利用しなくてはならなかったり、さまざまな事情があるでしょう。そうした条件を整理し、ご自身のクレジットカードで「JALマイレージバンク」のマイルをためる最も有効な使用法を組み立てるのが、この項目の主眼です。

今お使いのカードはそれなりに選択された理由があるはずです。年会費が無料もしくは安いとか、特定のブランドのものが優待料金で購入できるとか、自分の勤務先の運営するカードだとか、理由はさまざまでしょう。しかし「JALマイレージバンク」において、「JALカード」以外のクレジットカードでマイルをためようと思うと、それなりに調査と準備が必要になります。

まず今使用しているクレジットカードが『JALマイレージバンク』の提携プログラムを有しているかを確認してください。これがないと始まりません。

また提携プログラムには、マイルヘ移行できるポイント数の上限があったり、移行手数料もかかったりします。カードによって換算率も賢なります。またカード自体にかかる年会費も異なります。さらにカード自体に利用金額の巨限もあります。

これらの条件とご自身の消費スタイルを組み合わせて、最もマイルが効率よく積算されること、つまり「低廉な出費でより多くためる」ことが可能になるように、自分のカード利用法を立案することが、マイルをためる近道なのです。毎月1枚のカードの利用金額の上限を超える出費があるならなら別ですが、それほどでなければ、1枚のカードに利用を集中させることで、出費に比してマイルを多くためることができます。

「JALカード」以外では、提携移行プログラムのある一般クレジットカード(すなわちOMCカード、AMEX、セゾンカード、日本信販など)に絞って利用することを、まずおすすめします。

おすすめカード→http://www.i-creditcard.net/hikaku/jal/