JALマイレージ攻略 > マイレージを貯める > 国際線で貯める > 航空券の購入前にマイル積算メリットをチェック

航空券の購入前にマイル積算メリットをチェック

『JALマイレージバンク会員』となり、仕事などで航や券が現物支給される場合を除き、国際線に搭乗する機会をマイル精算に生かすには、まず航空券の購入段階からの準備が必要です。

現在はさまざまな割引航空券が設定されていますから、「自分の旅程に合って、安価でしかもマイルが効率よくたまるものはどれか」といった調査は必須です。

JALグループ便の国際線は、格安航空券、ツアーなどの包括旅行運賃でもマイルがたまります。また提携航空会社各社の路線でも、『JALマイレージバンク』のマイルがたまります。ただし、包括旅行運貫(格安航空券に多い)やコードシェア便、競合区間では、マイルが積算されない区間・航空会社もありますから注意してください。パッケージツアーでもマイルがたまる商品には、基本的にパンフレットにマークが衣示されています。

個人旅行での国際線の航空券は、、①普通運賃(『JALビジネスセイバー」を含む)、②個人割引航空券ヘックス運賃(『JALエコノミーセイバー』を含む)、③個人割引航空券アベックス運賃(JALでの「悟空」シリーズ各運賃)、④包括旅行運賃(JALのパッケージ旅行やその他のツアー、旅行代理店で取り扱っている格安航空券など)の4タイプに大別されます。

マイルの積算率が最も高いのは①の普通運賃。ファーストクラスでは基本区間マイルの150%、ビジネス(JALでは『エグゼクティブクラス』)で125%、エコノミークラスで100%積算されます。次に②と③の個人割引では70%積算されます。④は50%積算されます。

なお満2歳未満の幼児料金、代理店割引運賃や添乗員割引運賃などの特殊運賃券、「特典航空券」などにはマイルが積算されません。

国内線の団体旅行に比べ、国際線では団体旅行といえども事前にチケットにパスポートと同じ個人名がエントリーされますから、搭乗者と搭乗便を特定できることから、JALグループ便の有償搭乗ではほとんどがマイル積算対象になるはずです。それでもしっかり確認したい場合は、航空券を購入する前に購入先でチェックしておくこと。さらにはコンピュータートラブルなど、積算ミスに備えて「搭乗半券」と航空券控えは事後登録に備えて保存しておきましょう。]]>