JALマイレージ攻略 > マイレージを貯める > 飛行機に乗らずに貯める > eマイルパートナーのネットショップでためる

eマイルパートナーのネットショップでためる

eマイルパートナーでの買い物のポイント

  1. eマイルパートナーはインターネット通販でたまる『JALマイレージバンク』のマイルで、『JMBハンドブック」などでは細かく記戯されていない。「JMB日本地区会員』を対象としたサービス
  2. サイトに「特約店」のマークがあれば、支払いをJALカード』にすると『JALカードショッピングマイル』も2倍で貯まる。

JALマイレージバンクはインターネットか普及し始めた段階から、数々の新しいサービスをインターネット上で開始しました。その中でも特にユニークな提携プログラムが、『eマイルパートナー』です。

見逃しがちですが、実は「JMBマイルパートナー』にも劣らない多彩な提携企業が参加しています。サイトへのアクセス方法は、まずJALホームページから会員ログインし、『JALマイレージバンク」を選び、「暮らしでマイルをためる」の棚からカテゴリ別に提携サイトに入ります。カテゴリのページでは一部「eマイルパートナー』でないマイル積算プログラムも混じっていて、混乱しやすいのですが、「eマイルパートナー』はヘッダーに『eマイルパートナー」と表示されています(『eマイルパートナー」だけ記載された専用のホームページや印刷物はありません)。

『eマイルパートナー』は、『JALマイレージバンク日本地区会員』を対象としたサービスです。

マイルがたまるのは各eマイルパートナーサイト経由での提携企業の通信販売ですが、それ以外にも資料請求や各企業サイトのインターネット会員の登録でたまるものがあります。サービス利用の際JMB会員番号とパスワードが必要となります。またカード支払いと代金交換(代引き)ができるサイトがありますが、この際『JALカードショッピングマイル・プレミアム』に入会されている方が、「JALカード」で支払うと、さらに100円につき1マイル積算されます。

また、資料請求や各企業サイトのインターネット会員の登録でマイルがたまる提携企業では、登録会員がEメールでのメールや広告を受け取ることが必要となるケースがあります。

利用者が『eマイルパートナー』サイトを通して行う「商品購入・サービスのご利用」は、すべて利用者と『eマイルパートナー』各サイトとの間で直接行う取引となります。『eマイルパートナー」各サイトとの間に生じた商品購入・サービス利用に関するトラブル・損害については、各企業と利用者の間で解決が原則で、JALは責任を負わないことになっています。