一番有利なJALカードでためる

他の航空会社のマイレージプログラムでも同様ですが、マイルをとことんためようとするなら、その航空会社のブランドでのクレジットカードを利用したほうがいいでしょう。どの航空会社のクレジットカードも、他のクレジットカードと比較して、自社のマイレージプログラムには非常にメリットのが大きい優遇策が用意されています。このことは「JALマイレージバンク」でも顕著です。

まず「JALカード会員」になると、搭乗する際にボーナスマイルを積算されることが大きなメリットとなります。『CLUB-A会員』、「CLUB-Aゴールド会員」、「JALダイナーズ会員」では25%、普通カード
学生カード「JALカードnavi」も含みます)は10%が、搭乗のたびに積算されます。

なお、上位会員になって「JMBクリスタルサファイアダイヤモンドサービス」の資格を取れば、『JALカード』に入らなくてもボーナスマイルはたまります。しかしながら「サフアイアサービス会員」か、「ダイヤモンドサービス会員」になったら、「JALグローバルクラプ(JGC)会員」に申し込むことができますので、入会をおすすめします。「JALグローバルクラプカード」は年会費有料のクレジットカード機能付きなので、自動的に「JALカード」会員となります(一度会員になれば自動継続できます)。この資格を得ると、年によって搭乗機会が少なくなっても、上位会員の基本的な特典(ラウンジの利用、ボーナスマイルの積算など)が確保されます。またその年度の搭乗状況で「クリスタルサーピス」以上の資格を得れば、ボーナスマイルはどちらかよいほうの条件で適用されます。

なお、支払いが1枚のカードでは足りず、複数のクレジットカードを使い分けている方は、複数ブランドの「JALカード」にするよりは、すでにお持ちのクレジットカードの移行プログラムだけを利用するほうが、費用が安く済む場合もあります。事前に年間に利用される金額を試算したうえで、マイル積算に必要な費用をカードの組み合わせを考えて計算してみてください。たとえば100円につき1マイル積算されるマイル移行プログラムがあるクレジットカードでは、(移行マイル数の上限にあたる)1枚あたり年間支払い額1500万円を目安として、それ以上の支払額があるようなら「JALカード」に切り替えるべきです。