JALマイレージ攻略 > JALマイレージバンクとは > JALマイルがためやすいクレジットカード使用

JALマイルがためやすいクレジットカード使用

飛行機に搭乗する機会が少ない方には、サービスポイントをマイルに移行できるクレジットカードの使用をおすすめします、提携による移行プログラムは、クレジットカードによって有料・無料がありますが、概して移行手数料が無料のものは、マイル換算率が低くなっています。もちろん、クレジットカード会社独自のポイントを有利と感じる方は、カードのポイントをそのまま使用すればよいのですが、移行手数料を払ってもマイルに換えたほうがマイレージの特典、とりわけ「特典航空券」獲得には有利です。

しかし、ほとんどのクレジットカードでは、1年区切りで移行できるマイル数に上限があります。また手数料もまちまちです。ですから、移行できるマイル数や手数料などを考慮して、最も有利な条件のクレジットカードを選ぶべきでしょう。その点、『JALカード』は移行手数料が無料なうえに(積算条件が良くなる[JALカードショッピングマイルーブレミアム]は年間2100円の年会費がかかります)、マイルの年間移行数に上限がありません。「JALダイナースカード」とDC VISA、DCマスター、JCBの各「CLUB‐Aゴールドカード」は「JALカードショッピングマイループレミアム」に自動入会となり追加の年会費はかかりません。学生カード「JALカードnavi」は「JALカードショッピングマイループレミアム」に参加しなくても同様の換算率が適用されおトクです。「JALカード」のマイル移行手数料は無料ですが、一般クレジットカードならアメックスで7350円(税込)、OMCでは5000円(税込)などがあり、移行マイル数の上限は最大で年間15万マイルまでです。

「JALカード」は『JALマイレージバンク』カードにクレジット機能が付いたカードで「JAL ICサービス」も付加され、JALの各種サービスをより多機能に使えるメリットがあります。

実際の用途(交換特典)と換算率を考えると、クレジットカードのポイントをマイル移行するほうが有利なケースが多いです。マイルをためるには、クレジットカードの移行プログラムを上手に使いこなすことが重要なテーマです。