JALマイレージ攻略 > JALマイレージバンクとは > 『JALマイレージバンク』入会のチェックポイント

『JALマイレージバンク』入会のチェックポイント

実際1回も飛行機に乗ったことがない方が、マイレージプログラムに参加することはごくまれでしょう。多くは、年に1~2回帰省などで飛行機に乗る機会がある方が、あわよくば特典をを獲得できるかもしれないと思い、参加されるのではないでしょうか?

ここで「JALマイレージバンク」の基本をチェックしておきましょう。

有効期限は3年

他業種のポイントカードよりは長いほうですが(クレジットカードのポイントは大抵が発生月より1年間で、知らないうちに失効してしまうことが多いと思います)、日本の航空会社のマイレージプログラムには有効期限があります(海外の航空会社では無期限のものもあります)。『JALマイレージバンク」でのマイルの有効期限は暦年ベースで最長3年間、この期限内に特典に交換吋能なマイル数をためることができなければ、せっかく努力してためても無駄になってしまいます。

最低のマイレージ特典は「一万マイル」

国際線では、たとえばロンドンにエコノミークラスの普通運賃で1往復しただけで1万2410マイルとなります(「JAL悟空」など割引運賃では8708マイル、ツアーなどの包括旅行運賃なら6220マイル」。「JALマイレージバンク」の最低マイレージ特典は1万マイルですから簡単に獲得できます。

しかし、国内線の羽田―福岡間で1万マイルを達成するには普通運賃で最低9往復しなくてはなりません。年に1~2回しか乗らないのでは、期限の3年以内に達成することはなかなかむずかしいのです。つまり、国内線の搭乗マイル数だけで有効期限内に特典獲得できるマイル数をためることは一般的にはむずかしい、といえます。

提携企業をチェックしよう

そこで、前項で述べた「提携企業」がカギになります。提携企業は数多いので、意識して買い物やサービスを利用することにより、かなりのマイル数を加算することができます。特に『JALカード』や、『JALマイレージバンク』のマイルに交換できるプログラムのあるクレジットカードを使って買い物すると、マイルを簡単に積算できます。